丹波市柏原町 譲葉山城(仮称)・譲葉山西城(仮称)
丹波市氷上町 (五万図=篠山)
近畿の山城: 譲葉山城東郭と西郭(仮称)  譲葉山西城(仮称)


譲葉山 (登山レポートを参照)は植林帯の中を歩く暗くて展望も望めず、三角点も無い山頂は人気薄く、此の譲葉山だけを
譲葉山城(東郭)虎口より西面?北面に廻る土塁線

登山対象とする人は少なく、普通は春日・石生・柏原町を境する主稜線の縦走を計画され、北方の向山連山から始まり 日本一低い谷中分水界で知られ、整備されている水分公園から向山の峰々をトレースし 譲葉山を目指して縦走するか其の逆コース。少し長丁場!!?で地形も複雑 ・読図によるルートファンデイングも必要な鐘ヶ坂・金山(明智光秀の黒井城 ・八 上城攻めの本陣として築かれた 金山城が在る)や 佐仲三山の夏栗山(明智軍の主に三尾城監視と思える夏栗砦が在る)・黒頭峰や、三尾山(黒井城主:荻野直正の弟幸家の三尾城が在った)から譲葉山を 目指すコースが考えられます。
譲葉山城(西郭)北面の折れを伴い延びる土塁線

主稜線完全制覇を目指す トレッカーなら栗柄峠(明智軍の黒井城攻めの際、黒井城主:赤井直正と明智方として参軍していた 八上城主:波 多野秀治による共同戦略!!?で明智軍を撃退し光秀が命辛々この栗柄峠から鼓峠を越えて京都園部〜亀岡へと逃れた道・ 栗柄峠近くには栗柄砦が在り赤井幸家の砦とも、縄張りからは明智方の砦とも推察されています )〜御在所〜堂の峰〜鋸山〜鏡峠〜三尾山へ鋸歯の様に多くの岩尾根ピークを辿る
譲葉山西城:主郭東の土橋付堀切とUノ曲輪輪

丹波修験の道をトレースしてみるのも 意義あることかも知れません!!。譲葉山だけを登山目的の人も少ないとは思いますが・・!!?、柏原藩(後期)織田家廟所 奥村城(東奥城)の南山麓から、大安寺跡(観音堂が建っている)を辿る地元:東奥自治会により 整備された道や、いくつかのコースが参考になれば幸いです。→http://www.ne.jp/asahi/tanba/kirinosato/TANBA-yuzurihayama-docu.htm


 譲葉山城(仮称)  譲葉山西城(仮称)


譲葉山城(仮称)   譲葉山 594m  丹波市柏原町東奥
譲葉山城(東郭)  (譲葉山:権現堂 594m)

篠山市からR176号線で鐘ヶ坂を丹波市柏原町へ抜けるトンネル上の名勝「鬼の架け橋」は:安藤広重の 浮世絵「日本六十余州名所絵図(天保5年1834)」の一つでも知られます。此処に天正3‐7年(1575-1579)明智光秀が丹波攻略を指揮し 黒井城(丹波市)・ 八上城(篠山市)の連絡を断つため其の山上に築いた金山城 が在りました。
<譲葉山城(東郭):権現堂と西北角の土塁曲輪

鬼の架け橋から 北方を望む正面に柏原の町を睥睨するかのように雄大で嫋(たお)やかな山容を見せる譲葉山594mは三角点も無く・山上は植林の中の暗く ・広い平坦地で展望も無く不人気?な山だが、向山連山から瓶割峠・鐘ヶ坂・ 金山縦走登山途中の通過ポイントでもあるが、譲葉山山上部に残る曲輪・土塁・空堀の城砦遺構が未だ城サイト・登山サイトの レポートに皆無の様です。山頂には氷上郡(丹波市)三権現の一つ譲葉権現の祠が建つだけですが、権現堂を囲む30u四方の平坦地に土塁を廻し、
東郭より主郭の権現堂

西南隅には左右に土塁が開き虎口が形成されています。丹波市内の城砦には一辺以上に土塁が築かれている例を殆んど観ない?。 明確に虎口構造が見られる遺構も少ない。譲葉山の西尾根山麓には柏原幡山城(篠山市境の鐘ヶ坂に築かれた金山城と共に 明智丹波攻略の重要な拠点の陣城)があり、北に赤井直正の本拠:黒井城、 東は国領・直正と弟:幸家の三尾山城を監視する明智光秀の陣城と考えられます。高低差の少ない参道を祠へは直接向わず、僅かな段差に沿うように一折して進む!!。
東郭:西面の土塁虎口


譲葉権現とはいえ護摩壇等の施設・スペース確保にしては手が込み過ぎている様!!。 小社にしては不似合いな平坦地の広さと、 削平され少し高くなった方形台地の内部は不整地ながら周囲は切岸加工され土塁上部迄1m程の高さをもつ。 権現堂の背後(東側 )から北西へと低土塁が延び更に南端の コーナーまで切れ目無くコの字形に土塁が廻り、丘陵上の祠によく見かける・崖側や尾根側を削平の際に削り残され土塁状に残ったものでもない!!?。
東郭:東面の土塁囲みと切岸

祠の東と南に段差を持った広い平坦地形も有る。明智光秀が鐘ヶ坂の金山城を築き 本陣とした場合・春日町国領へは敵味方ともに重要な佐仲峠越えの要衝と共に瓶割峠を長谷大池に下り抜ける間道が有って街道と三尾城を監視する夏栗山の砦が在った。南へは尾根続きの金山城から、西尾根筋山麓の柏原八幡山城に 本陣を移した光秀が、三尾城とは北方に対峙する譲葉山に監視砦が置いたものか?。西方には眼下に小南山城・穗壷城・高見山城 ・金山城さえ望める”遠見の城”としても 築城価値は有りそうです。
譲葉山城(東郭)主郭の東南下段の広い曲輪

向山連山へ向かう平坦な北尾根の僅か5〜60m先にも譲葉山城西郭の遺構(後述)があり登山道は此の城域の北端から東に向う尾根筋を降っていくと、三角点峰の点名:権現山(譲権現 541m)があり、 登山レポートでは岩尾で呼ばれるピークが有る。向山への縦走コースを外れて東への尾根筋を鞍部から下降すると長谷大池に出て国領へ、緩斜な尾根筋は三尾城支城の 高尾城(長谷城)を経て岩戸神社城に降り立つ。また鞍部付近の尾根筋からは黒井城と其の支城群が点在する黒井盆地の諸城や三尾城、明智方の陣城としてはよく知られる多利の春日小富士城も 眺望出来ます。
=================================================

譲葉山城(西郭) (譲葉山頂部西北端 Ca590m 4等3角点)

明智光秀が黒井城攻略に築いた陣所は12〜13ヶ所有ったと云われるが、それら陣城が何処に在ったか・城砦名称や、どのような人物が其処の守将の任にあたっていたか等、不明部分もあるが、落城した在地城館を明智に降った丹波の将兵が改修して更に多くの黒井城包囲網の向城が築かれていたと思われます。黒井城向城については中世史・城郭研究家のT氏やM氏によって、 不明部分の向城の存在について調査されています。
譲葉山城(西郭)北面の折れを伴う切岸と低土塁線


さらに此れ等以外にも未確認の陣城が在るだろうと 其の発見に努められている様で、此のタイミングに遺構が気になる譲葉山権現堂周辺の簡単な縄張り図と画像をメールしたら陣城の可能性を指摘され、日を空けず譲葉山を調査された。 権現堂の東郭とは西僅か約60m程の地点にも西郭の陣城遺構を発見された。向山連山への登山コースは此の西郭土塁曲輪内を通り西端の低土塁を抜けて北へ登山道を下る。山道沿いに観察すれば折れを伴って屈曲する曲輪と低土塁線が見える。東郭・西郭にみる中世丹波の山城には稀な土塁囲み・且つ折れを伴う土塁曲輪の遺構等、低段差の曲輪・曲輪区分程度の浅い堀切?・単郭とはいえ 低土塁が三方を囲む。
西郭:東端の空堀と北面に折れを伴う土塁線が延びる

平坦地形の尾根上に権現堂の建つ東郭に正対して西郭があり、尾根を仕切る浅い堀切・土塁から曲輪を囲って北側へ低土塁線が延びていますが、二箇所に屏風折れ!!?が入る。丹波の山城には虎口の枡形等を除けば土塁線に「横矢」を意識した 折れを持つ類例は殆ど無い?。築城位置・縄張り・目的から推意して明智の「丹波黒井城攻略 」の陣城と考えられる。 丹波市の陣城名に「向城・付城 ・塁・構」等の名は付記した例も無く、黒井城に対しては山岳戦ではあっても長期戦に備えたものでは無いので馴染みも薄い?。
西郭:主郭部と西端曲輪を分ける仕切り土塁

さらに発見の一城が外れ峰にもあり、この城名の所在と異なる縄張りを 考えながら仮称とはいえ 城名をどうしょうか?一寸思案する。地形図に記される譲葉山は 「日本山嶽志」に譲葉権現山と記されている雨乞いの山。三角点峰の方が権現山(点名:譲権現)ですがR176号:小倉の円成寺(鐘ヶ坂を降ってきた最初の地区 )からも獅子山〜高杖山〜譲葉山への尾根を辿れるが、獅子山(348m)の点名も譲権現の為、 城名に呼称の無い新発見??の城郭遺構から、明智方の陣城と判る名も良いかと考えたが丹波でユニークなら、山名が知られる「譲葉山」を冠し譲葉山城(東郭・西郭)・譲葉山西城としておきます。
譲葉山城(西郭):西先端の南面を回り込む通路<虎口!!>


なお伝承の高尾城(長谷城)落城が 八上城主波多野氏によるものか ・明智方によって攻め落とされたかはともかく、長谷大池から岩尾(541m)との鞍部を越えて攻め入ったと考えられ、さらには八幡山城の本陣から黒井の本城に向った一手も此の鞍部を下り、春日町棚原から 野村へ出て茶臼山城(陣城)や火山城 (陣城?と思われる)麓に合流し黒井城南正面で対峙したとも考えられそうです!!?。譲葉山城(西郭)の西北末端からは、谷を挟んで清水山〜八幡山城への稜線を望み、高八山(八幡山城の尾根続き出城 ?が在ったと思われる平坦地が有る )へは指呼の間にある。


譲葉山西城 城山 467m(4等 )   丹波市柏原町

柏原藩後期織田家廟所前から大安寺跡へ谷通しの譲葉山コースが大内山(崇広小学校裏山)から西南尾根を 譲葉山への尾根コースと合流するT字を譲葉山側の無線中継施設(反射板)跡の展望台に向うと460m等高線が西へ長く延び出す尾根上を指して地元:山麓の東奥で「城山」と呼ばれる。しかし登山コースは水平尾根筋の基部・城址を掠めて僅か 15m程東端下部を進む。
譲葉山西城主郭:4等三角点設置されていた(2014)


尾根筋に境界ポールや赤 ・黄のテープを目にするが営林・作業用で、登山者が利用し・通過の際に目に触れたとは思えない。再々訪(2014年)では主郭に4等三角点標柱が立てられていた。此処も遺跡分布等に記載は無く未報告・未発見の城砦遺構ですが”城山”と呼ばれているだけに郷土史誌等に何らかの手懸かりが得られる資料が有るのかも知れません?。登山道とは反対の 西方行に向かい幅7〜8m程の緩衝帯の様な水平尾根を進む。
浅い堀切と主曲輪の切岸

南下 5‐8m程を横堀?状の溝が走り、最初の堀切手前で10数m下方の登山道へと南へ折れる。山道として繋がっていない様で自然地形の溝なら其のまま 山道に落ちて繋がる筈?。急傾斜でもなく堀底道として利用され尾根筋から折れ戻って内へと進んだものか?。程なく前方に高さ1.8m程の高低差で連続する 二段の曲輪が見える。其々の曲輪東面切岸下は浅い堀切がある。
譲葉山西城:腰曲輪西端にある竪土塁(上り土塁)から主郭に入る

一段目曲輪下は土橋付き堀切なので、 譲葉山城に付随し其の連絡等関連の砦と思えます。1段目曲輪は2段目曲輪(主郭)東の空堀を南へ少し廻り込み、南側から直線的に主郭へ入る上り土塁状(土塁面の西に2‐3段の腰曲輪が鬱蒼として雑木と密生する矢竹の藪に阻まれて推定するだけだが、腰曲輪からの通路)と東側からの侵攻を防ぐ竪土塁を兼ねている様?。 主郭北は急斜で一部崖状の崩壊をみる。
主曲輪の切岸と空堀)

主郭南面は数段小曲輪が並び 上り土塁兼竪土塁を利用する様になっている?。西への尾根筋は緩傾斜を 旧電々公社の反射板(無線中継)施設跡に降りるが途中・曲輪や防備施設は無さそう。余り広くはない主郭から谷を隔て向かいの丘陵尾根に清水山が見えている。 柏原八幡山城へは狼煙でなくても即:鐘・法螺・太鼓・手旗信号でも通じそう。譲葉山西城は山頂部の東郭・西郭にみる顕著な低土塁囲みの 陣城的な特徴は無く!?、中世山城の縄張りそのままですが防備に堅固さは見られない??。
譲葉山西城:南側の空掘状?は堀切下で竪堀状?となり登山道側近くに落ちる

譲葉権現山城に附属する出城的存在だが、主郭南斜面の防禦を竪堀ではなく竪土塁を使用している事で明智軍の改修と考えられます。 小規模な城域や空堀・曲輪状態からは天正3‐6年頃迄の丹波攻略に落城し、明智方に降りた京都・兵庫丹波の将兵による築城と思えます。それだけに山麓に柏原八幡山城・山頂の譲葉山と両陣城に挟まれて動向を監視される位置に在る!!。 …丹波市氷上町の鴨内城(仮称)とともに・いつの日にか中世史や城郭研究家T氏やM氏等の歴史・研究調査により、築城時期や真の目的・城主等の城史が解明される事を期待しています。

別冊丹波霧の里HOME 本誌丹波霧の里HOME
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO