氷上町 鴨内の里  鴨内古墳・下隠谷古墳・隠れ谷城(仮称)
丹波市氷上町(五万図=福知山)
丹波の古墳 鴨内古墳1号墳・2号墳 下隠谷古墳
近畿の山城: 隠れ谷城(仮称)

高岩寺

R175号線(水分れ街道)とR176号線 (丹波の森街道)が合流する丹波市街地の稲継交差点から、北上する県道7号(丹波の森街道 ・青垣柏原線)を和田山方面に向かうと、沼地区でカヤマチ山(748m)から水山を経て東へ延びる氷上町と青垣町を境する尾根先は一端県道7号線に落ち、 鴨内(かもち)から点名:栗栖を五台山からの尾根を併せて京都府福知山市境のクロイシ山へ延びていきます。
下隠谷古墳:奥壁から崩れ落ちそうな?開口部の秣石?

沼地区で県道7号線に先端を落とす尾根先のピークには沼城が、尾根の北山裾(青垣町側)には丹波市では珍しい平城の栗栖野城があり、今では其の山腹をトンネルで抜けて和田山・豊岡自動車道が通じています。丘陵末端を廻り込んで青垣町に入る7号線の手前で県道109号が東芦田地区を抜け、穴裏峠を越えて福知山市に向かいます。
鴨内古墳1号墳

此の東芦田地区は芦田氏の本拠:東芦田城や支城の栗栖城が在りました。 しかし其の(県道109号)南約1.2km手前から東の鴨内地区へ向う県道282号線は2km程入った山麓で消え、山道となって五台山〜クロイシ山〜 親不知への縦走登山ルート上の根鴨内峠を越えます。
隠れ谷城(鴨内城)<仮称>の連郭部

鴨内峠には通行の安全を祈る地蔵尊が祀られて、今は荒れているが道の確かさからは、昔は鴨内〜鴨坂へと氷上町 ・市島町を最短で繋ぐ間道を往来する人は少なくなかったと想像出来ます。鴨内峠の市島町側には主要街道のR175(水分れ街道)に出る中程の上鴨坂地区だけでも中世城館が四つ程が集中して在るが、氷上町側の鴨内地区には遺跡分布図を調べても五つばかりの 古墳の分布が見られるだけです。
チャペルの塔が示す!!仮称:隠れ谷城(中央の丘陵部)

そんな鴨内地区にも城砦は在りました!!?。古文書や詳細に情報収集して調査したわけではないので、気付か無かっただけなのかも知れませんが、市史・郡志や最近?までに発行された遺跡分布図や市・県教育委員会の調査報告書等に記載は無く、 通り一辺で・見当外れや見過ちがあるのかも解りませんが隠れ谷砦(鴨内城<仮称>としてレポートしておきます。



 隠れ谷砦(鴨内城)<仮称>


隠れ谷砦(鴨内城) (仮称)  Xxxx Ca300m  丹波市氷上町鴨内

プロローグに記したように鴨内(かもち)地区を抜ける県道7号(丹波の森街道・青垣柏原線)沼地区から県道282号が鴨内谷川沿いに延びて途中から山道となり、五台山北尾根の鴨内峠を越えて 市島町側の鴨坂へ降る。
堀切向いに主郭側の土塁

上鴨坂地区に鴨坂城が在り 鴨内谷川から北方の小谷へ越えると県道109号線 ・芦田川沿いに穴裏峠を越えて福知山市に入る要衝で、 芦田氏の本拠城・東芦田城や栗栖城が在り、 南への尾根を越えると伊佐、県道7号線へ下ると伊佐口だが、谷沿いに少し詰め上がると香良へ出るルートが有る。
御霊神社跡?付近は屋敷跡か

香良は独鈷の滝や浅山不動尊があり、五台山への登山口として良く知られているが、三好長慶に煽動された形で芦田氏・足立氏の連合軍と、黒井城の赤井 (荻野)氏が戦い、若き闘将荻野(赤井)直正が重傷を負いながらも辛勝し、芦田・足立氏の 連合軍は瀕死の大敗となった、香良合戦があったところ。此処には山頂部に香良城が在った。鴨内谷西の入口・県道7号線を北に進むと、穴裏峠にむかう県道109号線との分岐。
主郭堀切側の大土塁 (櫓台?の)から隠れ谷側に続く低土塁

県道西側には氷上町と青垣町を分ける境界尾根が在り、 東末端部を 和田山豊岡自動車道をトンネルで抜ける。此の山上には沼城が、丘陵北裾には丹波では珍しい平城の栗栖野城が在る。遺跡分布図を見ていて・鴨内地区内に古墳は数基存在しているが、城砦等中世期の遺構記載がない。北に芦田氏の本拠城があり、 南の丘陵を越えてなを芦田氏 ・足立氏連合の城が在ったが、青垣町方面と春日町竹田を結ぶ 最短ルートで、 県道も山道で切れるが両町を繋ぐ県道は〃282号線だが鴨内に中世城館や城砦を示すものは此処には何も無い?。
一ノ曲輪から主曲輪に入る土塁虎口部!!?

小競り合いは有っても近郷を横領して勢力拡大を 図る事なく、こじんまりとまとまっていた芦田氏の統括地領だったか?。 見つからないまま御霊古墳と鴨内古墳1号墳を探しているうち、氷上キリスト教会の背にある 中庸の低丘陵上に城砦遺構を見つけた。集落側から見て然程目立つ尾根のピークに位置してはいないが、狭い集落全域と鴨内峠に向う間道と、北に小谷(県道109号東芦田への入口に近い)や南に香良側へ抜ける山道を監視出来る位置には在る。
隠れ谷の谷筋と並行した堀跡?(谷の水を引いた貯水池か?

御霊古墳の所在は探し出せなかったが、 御霊の名称からは御霊神社が建っていたであろうと思える広い平坦地が隠れ谷の東北方に在り、 山の斜面には石積も残る3〜4段の平坦地がある。鴨内峠に至る道から少し入りこんだ位置に在り、御霊神社の名からも小さな祠でも 有ったか?。古来:街道を通って入ってくる悪霊・怨霊を鎮める為に祀る御霊信仰からも、 鴨内峠はよく利用されていた間道だったのでしょうか?。弘治元年(1555)赤井・荻野氏一族を討つ為、三好長慶の臣:松永氏・内藤氏の連合軍が香良に結集し、
隠れ谷の谷筋と並行した堀跡?(谷の水を引いた貯水池か?

芦田氏・足立氏は三好軍に加わっての香良合戦の戦闘は三好軍の敗北 (実際の戦闘に三好軍は加わらず芦田氏+足立氏vs赤井氏 +荻野氏の戦いだったようですが)となり、足立・芦田氏には生存者僅かの壮絶なものだったと云う。信長の天下布武により天正3年(1575)より始まる明智光秀による「丹波攻略」では、羽柴秀長・丹羽長秀等の援軍を 得て本城の黒井城も 天正7年(1579)落城します。香良合戦や明智氏の丹波攻めの際の芦田氏の関わる 伝承は御霊社に残るのかもしれませんが?建物が有った痕跡はなにも残りません。数段続く平坦地も大きな神社で有ったとは思えず、隠れ谷砦の城砦関連の屋敷や小屋跡とも思えてきます。
主曲輪と堀切側の大土塁

隠れ谷を挟んで谷と並行して尾根筋末端部の内側には貯水池跡・空掘り状の窪地があり、急斜面上部に数段連続する曲輪が見えます。 登りの尾根が続く途中・尾根の南側を堀切が城域を遮断しています。尾根上側は暫く緩衝地帯の様な緩斜面が延びていきます。堀切内側は櫓台状の土塁と主郭・段差をもって下方に二ノ曲輪が有り、共に低土塁らしい盛り上がりが 隠れ谷側に見えて、共に3〜4m程の段差だが切岸加工されている。さらに4〜5段小曲輪が続き 2つばかりは上段曲輪を少し廻り込み気味の腰曲輪となっているが、帯曲輪は通路としても無く・竪堀等の防御設備も無い。一ノ曲輪から主郭に入る東端に土塁道か・凹角の平入虎口?らしい登り口がある。
一の曲輪・二ノ曲輪(共に切岸2m)からの連郭部

西側からも短く斜上して入れるが、後世の山道かは素人目に判断も出来ない…まだまだ周辺は未確認です。 春日町への間道が通じる北側正面からの攻撃に対処できる防御に乏しい様ですが、芦田氏の城砦の一つと考えてみますが、教育委員会や専門家による町村誌や古文書の研究と、詳細に・専門的に 城砦の遺構調査をお願いしたいところです。高岩寺の詣り墓に芦田家1党の祖を祀る碑が立ち「蘆田下野守従五位藤原政家・元亀元年(1570)建立」と刻銘があった。 鴨内の土豪か・・此の城に関連の人物かは碑文の建立年号以前の、何時頃の人物かは・下野守従五位の官位からして読み取れず!!??不明です。
大土塁からの堀切


建立時期からは:其の15年前には香良合戦【弘治元年(1555)】があり、関連ありと推察するのですが?。香良合戦の敗戦に・黒井城主:赤井(荻野)氏に降して、傘下に組み込まれた足立氏・芦田氏は 其々に旧領地を回復できたのかも?。時代を遡ぼって赤井・荻野氏が蘆田氏と同族とする系図からは、源頼季の三男で井上姓を名乗った満実の三男家光が保元3年 (1158)丹波芦田庄へ流され、芦田姓を称したとも、蘆田党の一族:栗栖野氏の娘を妻とし 蘆田姓を名乗ったともされます。文治元年(1185)壇ノ浦に平家滅亡後:此の 家光の子道家が氷上郡(丹波市)から天田・何鹿・船井郡(福知山市・綾部市)へと勢力を伸ばし、道家・忠家・政家の三代にわたって丹波半国の押領使となり、 其の地位を確立して権勢を誇った時代もありました。
北斜面に曲輪が連続する

源氏方であったという 蘆田氏の墓碑に藤原!!は似合わない?が 「…xxx藤原政家」。その政家のものか?政家の孫為家が建保3年(1215)に父朝家?から赤井野を与えられ此処に後屋城を築いて赤井姓を名乗ったとも云う。 為家の子は兄家茂が後屋城を継ぎ、弟重家が朝日城に移り荻野姓を名乗ったと云い赤井氏の先祖!!?赤井・荻野氏系図も二系図があり、いずれもが正鵠を欠く?。いつの日にか歴史家の研究調査により「蘆田下野守従五位藤原政家」の謎の石碑や、 鴨内城の城主・其の城史が解明される事を期待して城を後にします。


鴨内古墳群
鴨内古墳2号墳  丹波市氷上町鴨内

県道7号(丹波の森街道・青垣柏原線 )で氷上町の市街地抜け、香良の独鈷の滝への県道283号分岐を過ぎると、加古川(旧佐治川)に枝流:鴨内谷川が流れ込む地点で県道109号と合流して沼地区に入るが、川を渡る手前の日比宇に小公園が有り、此処に日本海と瀬戸内海へ流れを分ける 「日本一低い中央分水界

中央分水界「小水分れ」モニュメント

【水分れ】 (氷上町石生にある)」を石で表現したモニュメントが置かれています。鴨内地区へは沼地区殻は入れますが、公園脇からの車道から向います。鴨内(かもち)地区内を鴨内谷川沿いに走る県道282号は約2km程も進めば、 五台山からの尾根を市島町側に越える鴨内峠への山道(県道282号線には変わりが無い・・!!)となり、山を下った上鴨坂で再び ?県道282号線となって前山(さきやま)川沿いにR175号(水分れ街道)に出る。
鴨内古墳2号残石(南側から)

県道に入って直ぐ北側の田圃の中・幅の細いコンクリートの畦道の先に雑草に覆われてはいるが古墳の残石が見える。丹波市の旧氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書に氷上町版が無く、 県考古博物館の遺跡分布図にも、此処鴨内に点在の古墳について、全てコメント欄は空白のままなので鴨内古墳 2号墳はその概要も不明です。此処にはお宮さんが建ち、太鼓倉も建てられていた氏神の様ですが、神社は直ぐ山手に移されたという。
鴨内古墳2号残石

東北約800m程に在る高岩寺に連なる西方の山懐に芦田神社の鳥居が見える。お宮さんは此処に移されたものか ?其の下部に建つ小社なのかもしれません?。田圃の片隅に残留する鴨内古墳2号墳は横穴式石室を持つ円墳だったのでしょうが、残存する石からは石室の側壁部が一部が残されているのか?天井石なのか?。 田圃の畦の端に残された石材の一部から、古墳の状況を判断出来る何の知識も持ち合わせていないことが幸か不幸なのか…?

========================================================
鴨内古墳1号墳  丹波市氷上町鴨内

鴨内(かもち)2号墳を左手の田圃の中に見ながら、 県道282号線を進むと、高岩寺側からの地区道と合流して、鴨内谷川を渡る。橋の手前に広い駐 車スペースが在るので此処からスタート。 橋を渡った右手に氷上キリスト教会への道を見送り、 その先の最奥の民家の先に小さな芦田一党!!の墓地があります。
鴨内古墳1号:西側から


直進する細い車道は山間へ入る舗装された一本道、すぐ先で道路を遮断する鹿猪避けフエンスの扉を開閉して続く道は何処まで進むのか?、 鴨内峠を越えて市島町鴨坂地区へ通じる県道282号線も峠越えにかかる頃には、登山コースとして歩く人も少ない峠越えの道・氷上町・市島町を繋ぐ最短コースの間道は、丹波市最後の宿場町佐治から但馬へ、市島町からは R9号(山陰街道)へ通じて、よく利用された街道だったと思えます。鴨内地区は西に開き三方を丘陵に囲まれた小盆地ですが、 此の丘陵尾根を越えた北には芦田氏本拠の城があり、 南には此の芦田氏・足立氏の連合軍が、荻野・赤井一族と争った香良合戦の激戦地:香良城もあり、東に鴨内峠を越えれば余田氏の城砦群がある。
鴨内古墳:1号玄室


しかし県や旧氷上郡内の遺跡分布図等を調べても鴨内内には 4〜5個程度の古墳が点在するだけですが、やはり城砦は在り・遺構も確り残っており、上記に鴨内城・隠れ谷砦として紹介しました。先程の小さな墓地に続く奥隣に封土を流失して石室部を露出した鴨内古墳在ります。前説が長くなってしまいましたが、此の古墳から南側の丘陵尾根を辿ると、 此の尾根の北末端部の平坦な山頂部に、 堀切で尾根を遮断し5〜6程の曲輪を連ねる城遺構があります。訪城ついでの古墳ではありますが、封土が石室に流れ込んで埋まったものか、
鴨内古墳1号:玄門部の秣石(羨道埋もれて袖部形式等は不明)

石室の規模や状況は判りませんが、横穴式石室を待ち石材・石室があり、 狭くともその石室内には天井・側壁の石が紛失(抜けた)している部分から消失入室可能の古墳ですが、マニアックで訪れる人も稀有・殆ど知られていない事と相俟って、古墳フアンの評価は少しアップするかも… ?玄室は長さ約 4m・幅1.5m程・高さは流入した土砂で埋もれ不明ですが、石室内に持ち送りがなければ、玄門部の秣石の大きさから両袖か片袖式が想定出来そうで?、規模は下隠谷古墳より少し小型か?


下隠谷古墳      丹波市氷上町鴨内

鴨内集落内の北側丘陵裾に白く光る二本の石の山門柱と、其の先には総石垣積の台地上に高岩寺(氷上町西国霊場・第23番札所:本尊 千手観世音菩薩)が建つ。背後の緩やかな尾根の東北端に見える最高ピークの頂付近に露岩が見えているのが寺名の由縁か?。 本堂の縁側沿いには補修用と思われる瓦類が置かれているが、大きな二体の木彫りの布袋像・大黒天像・福禄寿?の笑顔に見送られて、墓地横から裏山に続く山道に入って直ぐ、正面の鹿猪避けフエンスがある。
下隠谷古墳の玄室奥壁

古墳の所在を探そうと、 開閉してフエンス内に入るまでもなく、見上げる斜面上に下隠谷古墳の墳丘が見えている。近づくと炭焼き窯跡状の大きな窪地が有り、此処も石材が持ち去られた円墳の跡かと思ったが、 立木の下!!に岩の空洞が見える。 羨道部の石材は抜かれているが、此処が玄門部で一気に天井が高くなる部分か、それとも天井岩がズレ崩れかかっているのか?。岩壁自体も風化して危険な状態に有るようですが 玄室部の封土と岩室は確りと残っています。丹波市の旧氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書には、氷上町版のみが過去にも氷上町の文化財!!等の種々調査・報告書が発行されている様で発刊されて いません。県考古博物館のWeb遺跡分布図にも、 此処鴨内に点在の古墳については全てコメント欄は空白のまま。デジカメだけ持っての空身で懐中電灯も無く・簡易にメジャーでの実測もしていないので見過ごしは多い。
下隠谷古墳 :立木の下が石室の開口部

石室の現状は不確かですが凡そ高2m・幅1.5m・開口部からの奥行4m程か?。詳細は専門家に委ねます。ただ内部は岩質か・左右からの圧力か?岩の劣化等で緊急ではないにしても 危険な状態にあるようです。開口部には玄門の秣石が支える岩を失って、斜めに落ち入口を塞いでしまいそうな不安定さ。遺跡分布図には此処より東方に木ノ裏古墳の名が見えるがこの時期「止め山」の表示は無かったが 探索は止めて鹿猪避けフエンスの外へ出た。下隠谷古墳とばかり思っていたが、随分探して見つけ出せなかった木ノ裏古墳が、此の古墳では?開口部の立木を見て不図!!?そう思った。果たして・・?


別冊丹波霧の里HOME 本誌 丹波霧の里HOME
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO