加古川合流地点の古墳と付城正法寺山(室山!)と三木合戦の付城群
阪神(五万図=三木・高砂) 三木合戦の激戦地と付城めぐり W
三木歴史の森・付城めぐりTH18.02.11〜12
三木歴史の森 ・付城めぐりUH18.02.19 三木歴史の森・付城めぐりV H18.03.04

近畿の山城正法寺砦と室山砦 石野氏館
 
正法寺古墳公園
法界寺山ノ上付城:主郭南西角の横堀


「道の駅みき」内観光協会の「三木てくてくマップ 」を手に三木市に向かって車を走らせています。神戸市北区や吉川町付近に別所氏本拠の三木城支城群を少し訪れたが、史上に類を見ない長期に亘り城を包囲しての 悲惨な兵糧攻めの行われた三木合戦は、城攻め付城群についても訪ねてみようと三木合戦の激戦地:平田・大村坂に 秀吉方の谷大膳亮衛好の廟所を、加佐の八幡森公園にある別所氏方の智将:淡河弾正定範の墓に参り、美嚢川の三木城に一番近い船着場!と「湯の山街道」等、市内の歴史散歩をしながら伊木氏創建の正入寺の山門を潜り、
正法寺古墳公園の向こうに室山砦跡といわれる正法寺山(室山!)

住職には君主池田利隆 ・伊木忠範の墓所や、池田信輝・輝政親子や家老 :伊木忠次 ・忠範親子の位牌、此処が嘗ては三木城域であった復元古図等が額に飾られた堂内を案内していただいた。君ヶ峰城へは前回失敗した添付写真の撮り直し ・・・西へ向かって法界寺や石野氏棺を訪れた後、美嚢川を挟んで北方に見える室山砦(正法寺山)へ、続いては少し戻って別所橋を渡り県道360号 (正法寺三木停車場線)を別所町正法寺へ向かいます。




 正法寺砦と室山砦 石野氏館

正法寺砦と室山砦
正法寺砦<  xxxxx Ca45m     三木市別所町正法寺
室山砦 正法寺山(室山 ? )152m  三木市別所町正法寺山 (城遺構は未確認)


西脇市方面からはR175号を南下して小野市に入り、市場東交差点から県道23号→18号(加古川小野線 )に出て加古川沿いに走ると美嚢川が 加古川に流れ出る合流地点「美の川橋」を渡る。 加古川市・小野市・三木市が境界を分ける地点でもあり、三木市内へと船底の浅い高瀬舟での水運による物資輸送や街道往来の要衝となっていたのでしょう。橋の東詰めから美嚢川沿いに県道 360号線に左折すると直ぐ 正法寺古墳公園です。 正法寺砦の土塁付曲輪と下段に帯曲輪?

公園内1号墳越しに見える電波塔の建つ正法寺山には室山砦があったと云う。在地土豪の監視砦が有った事でしょう。天正6年(1578)に始まった三木合戦に於いても 此の地点が加古川から三木城への 重要な兵糧搬入路となった事でしょうから、別所・毛利方の輸送路確保の為、秀吉軍が其れを阻止する為の監視砦を築いた事は必定?。 翌:天正7年(1579)兵糧輸送を廻り激戦となった平田・大村付近では、美嚢川に近い鳥町河原の平地にも付城があります。 正法寺山から南東へ延び出す丘陵が 県道側まで流れ出る尾根の西裾には法道仙人開基を伝える古刹で播磨西国三十三ヶ所・第23番札所:鉾礼山正法寺(真言宗)が有ります。
正法寺山山頂:此処に室山砦が在ったとは?

元は中腹に堂塔伽藍七院十二の僧坊を構えた寺院で、 江戸時代には家光をはじめ歴代将軍の御朱印寺として栄え、加古川方面からも美嚢川を渡し舟で参拝者がやってきたといいます。明治期に入って衰退し・残されていた建物も昭和48年(1973)の台風で倒壊し、 残された山麓の金剛院と移築されていた大師堂が現在の正法寺です。正法寺砦・・県道360号線から 正法寺へ向かう参道車道の東側に突き出してくる 低丘陵が県道に落ち込む 先端 部は切り取られ崖状になっており、 車道脇の電柱には”ムロヤマ”の文字が!!。此処丘陵の東先端部から尾根通しに室山砦へ辿ってみようと取付いた。疎林の中・登り易い露岩部を進むと直ぐ高さ1.5〜2m程の長い土塁に行きあたった。
県道360号正法寺入口付近にある正法寺砦

比高僅か20m程ですが 上方へも岩盤を剥き出した急斜面上に続く土塁は2〜30cm程の石積みが残る。猪避けの垣にしては手をかけ過ぎている上に末端の処理がされていないし、上段に平坦地が有りしかも土塁の高さは低く、植林用や畑地にしても 平坦地形の末端処理が土塁では水捌けにも水路にもならない!!?・・・。此の位置が三木市遺跡調査分布図の正法寺砦の比定地?です。別所方の砦か秀吉方の付城では有っても築城・在城主の名も、縄張りや規模等についても一切不明。更に山頂に在ったという室山砦・・は伝承なのか?記載は無さそうです。 少なくとも?三木合戦に限っては別所か秀吉:どちらの陣営であったとしても兵糧輸送上の基地や砦として使用されたもの。
正法寺砦の土塁付曲輪のU字状湾曲部

城名も遺構は無くとも、山頂部に室山砦が在り山麓からは確認出来ない加古川からの兵糧搬送の搬入や、加西・小野方面等北播磨側から 三木城への籠城や援軍に対する物見台として適所。中腹に在ったという旧正法寺の伽藍・堂宇が 駐屯用に利用された事でしょう。正法寺砦から緩やかな雑木藪の斜面を抜けると尾根上の踏み跡は尾根鞍部に続き、 広い山道が東西から登ってきてそのまま山頂へ向かい、 少し傾斜の急な所を登りって巡視用舗装林道に出てくると 正法寺山山頂は近い。 各局テレビの中継施設が建ちフエンス側に正法寺山(点名:正法寺・室山?3等三角点 152m)の石標柱が埋まる。
土塁曲輪コーナー部:下段帯曲輪からの虎口部?

周囲は雑木に囲まれ眺望は無いが、此処まで登ってきている舗装林道を辿れば展望を楽しみながら古墳公園の方に降って行けそうです。テレビの中継施設や巡視用道路工事等で遺構が 消滅したかどうかも疑問です。 毛利軍と別所軍が三木城への兵糧輸送のため平田に谷大膳の陣所を攻撃した際・正法寺砦(室山砦)も攻撃されたのなら分かるが ・・室山砦は・・揖保郡御津町の 室山城と混同されているのでは?。正7年(1579) 兵糧輸送をめぐり平田 ・大村坂付近で 起こった激戦を思うとき、先ず襲ったのは同じ別所町内に有る尾根末端部の正法寺砦だったら ・・・と思い返してみます。
土塁付曲輪の切岸:土中には石積み?

天揖保郡御津町の室山城では 輸送ルートも定まらない余りにも遠過ぎる?。美嚢川を隔てた南側には 石野氏館が有りますが、石野氏は三木合戦の始まった早い時期に秀吉方に降りています。まして陸続きの鳥町河原には同族ながら秀吉方についていた別所重棟が 布陣していますので、三木城側に付いた砦であったとしても孤立し重棟等の説得により城塞は放棄されたかも知れない?。今に見る正法寺砦は美嚢川と川沿いに三木に向かう街道に面し、双方を警戒するだけの縄張りで、尾根上から侵攻には堀切や曲輪も無く無防備です。幅広く長い土塁付曲輪にも石垣というより、土止めの小振りな石積みが所々に見られたが、 平坦地は斜面上部の藪の中には未だ2m程の段差をもった2〜3段の平坦地が続いている様です。
土塁曲輪の上段2〜3段の平坦地は放置された畑地?

此処にも整然と積まれたものではなく、 土止め程度に部分的な石列らしいものが崩れた底部に多く 露出しているのが見られる。 しかし土塁や平坦地形の段差に見る・小振りの石積・石垣の石積み工法は江戸時代以後のものとも考えられ、平坦地形は休耕となった畑地 ・内部の堀状も池跡と考えれば、河川監視の要衝地に在っても付城であったかは疑問?。 しかし付城跡が近世以降に畑地として利用されたとすれば・・・。折れて延びる土塁線が 途中開き・虎口状を呈している箇所も、山仕事様に切り崩された部分なのかも・・?。まだ登り始めた尾根末端部で、西面の尾根裾に有る現在の正法寺より南部(県道側)の美嚢川寄りです。 土塁曲輪の下には3m幅ほどの帯曲輪 ?が沿っていて、西側の正法寺参道車道が見えてくる付近で切れる様で、土塁線は弧を描くように上段の曲輪側まで続きます。
正法寺砦の土塁・下段に細長い帯曲輪

数段の曲輪も全て美嚢川を望む南に面して築かれているようで、この後・尾根筋を山頂を目指し進んだが、 雑木藪の広い緩やかな尾根が延びているだけで、山側尾根続きに対する防備は皆無です!?。途中に在った鞍部からの道を正法寺山からの帰路に下った。竹薮の中の谷筋道は、左右の高い崖状の中を抜けて正法寺西方の田圃と民家の間に出て ・直ぐ県道360号に出合う。此の山裾の道が県道と合流する辺りに 二基の灯籠が建ち神社への古い参道らしい 石段道が斜面に延びています。正法寺西方から山頂に至る尾根筋にあり、どうも此の神社か其の上部に旧正法寺があり、 此れが往時の参道だったのかも知れません?。
(三木市観光協会の歴史イラストガイド・マップ)及び三木市観光協会刊「探訪 三木合戦」等を参照)


石野氏館  三木市別所町石野・大歳神社境内

三木市街地・福井の交差点から県道20号(加古川三田線)を西へ走る。先日連続して訪れたホースランドへの馬像のある高木交差点を過ぎると 法界寺の表示を見る。三木鉄道と平行に走り民家の影に石野駅が見えてくると其の駅南の県道20号線側にある小さな鎮守の森が目指す石野氏館。
県道に沿って幅広い土塁が見える

”道の駅みき”に置いてあった三木市観光協会の イラストガイド・マップに「知られざる荒城」とあるのが石野氏の構居跡です。 城史をはじめ 其の位置や遺構さえ判らない 山城や城館も多い筈なので、其れに比べれば 三木鉄道石野駅や民家に近く車道脇に位置していながら 方形構居の曲輪・土塁線が明確で、北東隅には櫓台や虎口らしい所も残っています。土居で四方を囲まれていたと思える単郭の平坦な 神社境内の草地で、今は南の丘陵側は破壊され痕跡は残らないが、
<県道側から北面の幅広土塁

東西約 40m・南北約 30m程の規模です。今も三方には土塁の残欠が残り、ポツンと大歳神社の小さな鳥居と祠が建っているだけで、立木の少ない神域の外は四方が車道と民家に囲まれています。此処が神域でなかったら・とっくに整地され民家か田畑か、名目ともに工場(荒城?)に姿を変えている事でしょう。北方には美嚢川を挟んで室山!(正法寺山)の電波塔が見えています。 此処には正法寺砦が有り北東の先には 三木合戦における兵糧搬送を巡って活路を開くか阻止するか・
居館東面の鳥居から北東角の櫓台土塁線

最初で最後の大激戦が行われた平田・大村坂・加佐の合戦場が見えます。三木合戦頃の石野氏居館には有馬氏・神吉氏・孝橋氏等と同じ赤松一族の 石野越中守氏綱がいたと云われます。氏綱は直ぐ東には法界寺 山ノ上の宮部継潤(加古川・野村城主)や美嚢川向いには正法寺砦や平田陣所の谷大膳と・・着々進む秀吉方の包囲網の中で孤立していき、 平田や大村坂での合戦になる頃は既に別所氏方から秀吉方に寝返っていたのでしょう。
東北隅には櫓台や居館に入る虎口部?がある

川向こうの合戦場となった付近・鳥町河原には別所重棟の付城がありますので、重棟から秀吉方に付く様にと働きかけも有った事でしょう?また氏綱の妻が有馬氏であった事も・・!。秀吉方に移った元別所方から得る三木城周辺の地形や縄張り・兵糧搬送のルート等情報は、戦略に多いに役立った事でしょう。三木合戦の終結後は前田利家に仕え 小田原の北条攻めに参軍しています。
居館(神社)内から櫓台土塁

子の氏置も妻方 :有馬氏の推挙で徳川家康の直参旗本となり関ヶ原に戦い・元播磨赤松氏の名跡を継いでいます。氏綱は前田家に・子の氏置は家康の、共に御伽衆として殺伐とした陣内では随分重宝がられ 気に入られたのでしょう ・・・・芸が身を助けたのか石野氏の家系なのか・・・!

(三木のてくてくマップ3(三木市観光協会の歴史イラストガイド・マップ)等を参照)


正法寺古墳公園  三木市別所町正法寺601番地

県道360号沿いの美嚢川が加古川に流れ出る県道18号線「美嚢川橋」を下方に望む丘稜に、横穴式石室を持つ正法寺古墳群があって古墳公園として整備されています。近くには加古川沿い?にこれも三木市最大規模の前方後円墳 ・愛宕山古墳が有る。今回は正法寺砦に寄ったので其の帰路途中にある此処に寄ってみます。車道からも正法寺山(室山?)山頂から流れ出す丘陵末端部にあって、 円錐形に突き出した墳丘は目立ちます。この古墳群は正法寺地区の圃場整備に伴い、平成6年6月から平成7年2月にかけて 発掘調査が実施され横穴式石室を主体部に持った16基(内調査されたのものは9基)の古墳で構成されています。
正法寺古墳・1号墳(玄室)
 
なかでも 1号墳は天井石まで残る良好な状態だが、 其れ以外は圃場整備の為に取り壊わされたが、横穴式石室の形態や変遷を知る上で貴重な資料を得る市内でも数少ない古墳群のため比較的保存良好な古墳2基が移設復元し保存されています。1号墳円錐状に高い墳丘見せて 横穴式石室をのぞかせて南に開口させる一番大きな古墳が1号墳で、玄室は長さ4.3m・幅2.3m・高さ3m・羨道部は長さ4.1m・幅1.3m有って、 一見:円墳かと思われますが!周溝から、一辺約16mの方墳と推定されています。玄門部は羨道の幅より左右に広い両袖の玄室を造っています。側壁は持ち送り気味に築き、天井に向かって狭くなっています。
正法寺古墳・1号墳(方墳!)


昭和45年の石室調査記録によると玄室の床面は礫が敷き詰められ、須恵器長頸壷や馬具等の副葬品が出土しています。 1−b号墳 1号墳の周溝内に築かれた古墳で墳丘や石室上部は失われていますが全長5.7m・玄室長3m・幅1.5m・高さ約1mあり、石室は比較的良好な状態で残っています。玄室は羨道部より僅かに広く、袖を意識的に造り出して区分しています。玄室の側壁に沿って棺台と思われる石が検出され、その位置関係からは少なくとも2体の被葬者が考えられるという。 玄門部から須恵器杯や堤瓶等の副葬品も出土しています。
正法寺古墳・3号墳(移設復元)

2号墳・3号墳も横穴式石室で、比較的良好な状態で残されている石室部を調査後移設し復元されている2号墳 (全長6.6m・玄室長3.6m・幅2.1m・高 1.6m)の石室の構造は玄室と羨道部を区別する為、 羨道の幅よりも右片側に広い方袖の玄室を造っている右片袖式です。玄室のほぼ全面から棺台と思われる石が検出され、其の状況から少なくとも3体の被葬者が考えられています。此処からは直刀や飾玉類・須恵器の高杯等の副葬品が出土しています。 2号墳と同様に3号墳(玄室長4.8m・幅1.3m・高1.5m)の無袖式石室も移設復元されています。

(現地:正法寺古墳公園の写真パネル付案内板(三木教育委員会)を参照)

 本誌丹波霧の里HOME  別冊別冊丹波霧の里HOME
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO