口吉川町から冷泉家(下冷泉)の細川荘へ 藤原惺窩誕生地から城館めぐり
兵庫 阪神 (五万図=三木)
三木合戦の支城・付城、 別所氏に攻められた城等 H18年08月27日
近畿の山城 衣笠城 細川館(藤原惺窩生誕の地・細川城) 中村城
藤原惺窩誕生地(細川館)

吉川町のパンフレットにあり ・地元自然歩道ハイクマップの案内板にも記されている吉川城だが登城ルートの破線さえ無い?。引き返して美嚢川沿いの県道20号(加古 川三田線)を三木市に向かい”衣笠神社”標識を見て衣笠城へ行ってみる事にする。 しかし細く曲りくねった山裾の道は判り辛い。でも探し当てた城址の小さな曲輪と切岸・裏手の藪中には大きな空堀と其処には石組の井戸が残されていた。県道20号に出て西に向うと次に「藤原惺窩生誕の地 」の案内板に導かれて細川館に行ってみる。儒学者として有名な惺窩の銅像が建ち冷泉家と惺窩の生誕地一色の場所ですが、 三木城主:別所長治が織田信長に叛旗を翻し羽柴秀吉軍と対峙した際、播磨の多くの諸将が三木別所方に付くなか惺窩の父 ・冷泉為純と長男為勝が其の誘いを受けなかった為、別所氏に攻められ滅ぼされた細川館跡です。
衣笠城(民家の庭先から競り上がる切岸)

冷泉為勝の救援に駆けつけた冷泉家の執事:小沢城主 (東条町)依藤太郎左衛門恒殷 も奮戦し社・滝野・西脇を経て丹波を目指して脱出しょうとしたものか!?、其の途中で追いつかれて覚悟を決め自刃した依藤野には二人の供養碑が建てられています。 依藤氏は先に別所氏に攻め滅ぼされていますので一族の誰かが執事として匿われていたのでしょう!。うねうねと曲がりくねった車道を県道に戻り、細川町中への緩やかな坂道にかかり、 平凡な小さな神社横を過ぎただけと思ったが後で此処が中村城だとわかった。三木市の平井山本陣へ向う中交差点の分岐まで来て周辺に神社を見かけないので引返して立ち寄ります。


衣笠城 細川館(藤原惺窩生誕の地・細川城) 中村城


衣笠城   xxxxx m  三木市口吉川町西中字城ノ下・馬場

中国自動車道吉川インター近く、県道17号線の渡瀬(旧美嚢郡吉川町)には別所氏方にいた豪族・渡瀬氏の 渡瀬城や有安城があって昨年末に訪れたばかりです。距離的には其の渡瀬城と本城 ・三木城の中央付近に別所方の支城で、 衣笠氏発祥の城:衣笠城中村城が有り、更に其の中程の細川町高篠・桃津の美嚢川東には天正6年(1578)三木城別所長治が 織田信長に叛旗を翻して毛利方に付いた際、長治の誘いに応じなかった為に滅ぼされた細川館(細川城)が有ります。
衣笠城(隣の民家庭先から競り上がる切岸)

冷泉家・藤原定家が支配した荘園・細川荘で、 此処は儒学者藤原惺窩誕生の地として知られます。父為純・兄為勝が此処を別所氏に攻められ落城し自刃した事は現地:細川館の案内板の長い説明の一行に記されているだけ…!!この時・三木城からは遠いが 直近の別所氏の支城である衣笠城と中村城の城主が細川館を急襲したと思われます。 この衣笠城は美嚢川が大きく複雑に蛇行を繰り返しながら小川川と合流する豊地の北方・細川館の上流に在って、共に美嚢川に向った地形で三方が急斜な段丘を自然の要害として取り込んでいます。
衣笠城(隣の民家庭先から競り上がる切岸)

その高台に築いた城館ですが、広い丘陵の東面は 平坦で東側に回り込まれれば防備は弱い様です。細川城の遺構は気付かなかったが衣笠城は四方は空掘りや土塁で囲われていた様です。 現状は民家の庭から築山の様な切岸上に2段程の曲輪・最上部に櫓台か、二の丸 ・三の丸と思われる四隅を低土塁で囲った田圃が有り、田の北側には深く(5〜6m程)長い空掘があり、覗き見ると急斜面(崖)下の堀底部には石組みの井戸が見える。空掘りの幅は広く(8〜10m程)長い堀底道が城域を 二分しているのかも知れません?(端までは未調査)空掘の北側は細い土橋状の尾根だが、 急斜面となって落ち込んでいる様です。 空掘の底以外は藪がひどくて遺構状況が把握出来ず退散します。衣笠氏の祖は赤松円心の弟敦光 (円光法師)から出た別所氏の一族で、賀野城主(立丹野城・賀野構 飾磨郡夢前町)赤松祐定の子・衣笠上野介祐盛とされます。
衣笠城の空掘

祐盛は政則に仕え応仁の乱(1467−77)に軍功が有って 衣笠氏を名乗ったとも、 しかし既に鎌倉時代中期の文応〜文永年中(1260-75)衣笠法眼が櫨谷庄の領主となって 端谷城 (神戸市西区櫨谷町)を築き本拠としていた 衣笠氏一族だったのでしょう?  口吉川の衣笠城の最初の城主は赤松一族の衣笠豊後守経興といわれ、嘉吉の乱(1441)には赤松満祐に従い足利義教を謀殺して、書写山坂本城引上げた諸将の中に衣笠豊後守の名も見える。 衣笠経興は此の乱により山名氏に攻められ討死、衣笠城は落ち一族は端谷城に逃れ廃城となったと云います。
衣笠城空掘・切岸下に石組の井戸


此の嘉吉の乱では(端谷城の?)衣笠政重が活躍していたようです・・・!ともに三木別所氏配下にありました。嘉吉の乱に滅亡していた赤松家は応仁の乱(1467-77)による 細川勝元による赤松政則起用により、 播磨の山名氏を攻め立て追い出して播磨守護に任ぜられ赤松家再興成って、政則に従った豊前守知員(衣笠経興の兄憲泰の子)が旧領を回復して元の衣笠城に復帰します。 最後の城主は衣笠親信の時に三木合戦が起こり、子の信実と此処で秀吉軍と戦ったが夜襲を受けて落城したと云われます。が・・・此の城でも籠城戦は不利だと悟り、夜間抜け出して三木城に籠城したが 其処で親信は討死したとも云われる。信実は古河城【吉川町の古川城なら今日も探して行き着けなかったが藪山か・・・(^_-)-☆】に逃れたという。別所一族の衣笠氏が最初に三木本城の籠城に駆けつけず 此の小城で戦ったとは思えません・・? 衣笠城での籠城は不利と知り、三木城に入ったものと思えます。
(「別所氏と三木合戦」「ひょうごの城紀行」Webフリー百科ウィキペディア 参照 )


細川館(細川城・藤原惺窩居館)   xxxxx m    三木市細川町高篠・桃津字構

平安時代からの荘園の一つ細川荘は歌道の名門:藤原家ゆかりの荘園で 『千載集』の撰者として有名な歌人・藤原俊成が、 歌所の所領として朝廷より賜わり子孫を伝えたという。13世紀の始め俊成の子で百人一首の撰者で歌道の祖と云われる 藤原定家の支配下にあり、 他にも三木市志染や揖保郡新宮町にも荘園をもって支配していました。定家の後:荘園領地争いが続きますが、南北朝期の冷泉家は冷泉為尹の長男:為之の上冷泉家と二男 :持為の下冷泉家にわかれ、応仁の乱以後には持為の子・政為が細川荘に移り住んだとされます。
藤原惺窩誕生地(細川館)

朝廷とも疎遠になりやがて公卿ながら武家の一面を持つようになると、美嚢川に面して西に断崖状に突き出す丘陵の居館を 改修し城郭化し細川姓を名乗ります。 戦国期から江戸時代前期にかけての儒学者で近世朱子学の祖とされる藤原惺窩【名を粛(すすむ)といい、 字名を歛夫(れんぷ)・別号には其々謂われを持つ”北肉山人・昨木山人・柴立子・広胖窩・妙寿院等 ”があるが「惺窩」の号で知られます】は、此の下冷泉家で細川荘(三木市細川町)の荘園を領した冷泉為純の第三子として永禄4年 (1561)此の地に生まれます。7〜8歳のころ播州竜野・景雲寺で剃髪して宗舜となり禅僧として修行中・天正6年(1578)惺窩18歳の時、三木城主:別所長治が毛利方に付いて織田信長に叛旗を翻した際、 為純・為勝父子が別所方の誘いに応じなかった為に長治に滅ぼされた。
美嚢川を望む小高い丘に位置する細川館

別所氏方の諸城の中でも細川館に近い衣笠城や中村城(城主:岡村大炊助祐治)が夜襲をかけたものか。攻め手に岡本某の名がみえる。惺窩は戦渦を免れ叔父泉和尚のいる京都相国寺を訪れ、 ここで仏教と儒学(特に朱子学)を基調とし、陽明学をも受容して学んだ。門弟のなかでも林羅山・那波活所・松永尺五・堀杏庵を惺門四天王と称され、石田三成・加藤清正・赤松広秀・戸田氏鉄・紀州城主浅野幸長や保津川の 土木工事で知られる角倉了意なども門下生で、豊臣秀吉・徳川家康にも儒学を講じており、家康の仕官要請を辞退し、門弟の一人林羅山を推挙した事でも知られます。
(現地藤原惺窩誕生地 三木市細川町豊かな町づくり推進協議会案内板を参照)


中村城   xxxxx m    三木市細川町中   大日神社

地図上で見ても極端に上下左右にと蛇行する美嚢川に沿って、県道20号が通じ、途中社・滝野方面の県道 85号を分ける高篠付近に藤原惺窩誕生地の細川館が有る。細川館の東方約1.5km地点に衣笠城・西方約2km地点には 中村城が細川館を挟み込む様に位置した二つの三木城の支城があります。当初は別所氏の三木城の北方・三田や丹波方面への要衝を守備する城砦群を形成していたのでしょうが、天正6年(1578)二月:三木城主別所長治が
中村城・神社東の切岸


織田信長に叛旗を翻し毛利方に付いた際、 冷泉為純・為勝父子が別所方の誘いに背いた為、長治は翌三月には細川城(細川館)をに冷泉家を攻め滅ぼします。 藤原惺窩の人材を惜しみつつも・此の早い対応は播磨近在の諸将に対し別所氏に加勢させる為の デモンストレーションだったのでしょうか。
中村城主郭(単郭の城か?)に建つ大日神社

攻めての別所氏に岡本某の名が有るところから、諸城の中でも細川館に近い中村城(城主:岡村大炊助祐治)や 衣笠城が左右から夜襲をかけた様です。細川館急襲に際し、嘗ては赤松一族の中でも主要重臣で東条谷に勢力を張っていた依藤氏が冷泉氏に加勢しています。依藤氏等の旧臣に替わって勢力を持ってきた別所氏は、 永禄2年(1559)依藤氏を滅ぼして戦国大名の地盤を固めていきます。冷泉為勝の救援に駆けつけた冷泉家の執事 :小沢城主(東条町)依藤太郎左衛門恒殷も奮戦し脱出するも落城、 冷泉父子や依藤氏も覚悟を決めて自刃ます。 中村城については戦国時代に三木城の別所氏勢力によって急造された城で、別所氏一族の家臣として仕えた在地領主なのか?城史について不詳ですが岡村大炊助祐治が居城していたとされます。
中村城(二段曲輪の手前藪に隠れて深い空掘りが美嚢川に落込む

三木合戦に衣笠城主は三木城に籠城して討死していますが、 天正7年(1579)三木別所方の諸城を攻める羽柴秀吉軍に攻められ落城しています。中村城の跡地には享保10年(1725)大日神社が建っていますが、県道 20号からは細川中の交差点に向う緩い登り坂の上付近にチラリと鳥居の見える小さな神社で、 此処が中村城とは!・平坦な田園風景が拡がる中交差点府付近まで来て気付き、引き返す途中で神社に立寄って判った。 城とあるが単郭の居館だったのか・・・しかし県道に面した神社東端には2m程の切岸をもって、更に一段の平坦地があり其の東側には深い藪に覆われて観察できないが、 深く大きな空掘りが北側の美嚢川に落込んでいるようです。 境内の裏(北側)の廻ってみると驚く。美嚢川を真下に望む断崖絶壁上に迫り出要害に位置して正面からは想像も出来ない険しい様相ですよ。
中村城・大日神社北側の断崖から望む美嚢川

西面は神社敷地に続いて自動車整備工場と 其の駐車場らしい空地があって、城域の様子はよくわかりませんが、 南正面から西面は空掘りと低土塁で囲われていたのかも知れません。小寺氏の御着城も三木合戦の際別所氏を援け同じ天正7年 (1579)には秀吉に攻め落とされているのですが。 子孫は小寺氏の養子に入った黒田(小寺)官兵衛(孝高 )に仕えており、岡村氏の子孫も小寺氏を頼って御着に移ったものか。小寺氏が黒田孝高と共に福岡に移った後に御着に移ったものか・・?
(「別所氏と三木合戦 」 「ひょうごの城紀行」 Webフリー百科ウィキペディア 参照)

別冊別冊丹波霧の里HOME
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO